ADHD女子革命〜プロボクサー緑川愛のカオスな日常〜

女子プロボクサー緑川愛のカオスな日常をお届けします♪

プロボクサー緑川愛のカオスな日常

夜中の覚え書き😌

はてなブログの皆さん、お久しぶりです😃

お元気でしたでしょうか😌

私は元気にボクシングに邁進していたと思ったら、練習中に首のケガを負い、今月末に手術をします😂

手術に失敗したら、ボクシングに復帰できなくなるどころか、半身不随になるそうです。

悩んで悩んで苦しんで苦しんで、手術に踏み切ることにしました。

人生、色々と困難はありますが、それでも前向きに、一歩一歩歩いていこうと思います😌

今回は突然の投稿ですが、夜中に起きて考えたこと、です。

朝起きて忘れちゃうともったいないので、自分で読み返せるように書いておきます😌

読んでもあまり面白いものではないと思います😂笑

私の頭の中に興味のある方だけ、読んでください。

【人生について】

生まれてきたのは100パーセント親の勝手な都合だけど、

生き続けることを選ぶなら、生きる目的が必要だ。

自分の意志で生きているんだ、という覚悟を持つために。

また、生きる上でブレないように価値観を定めておきたい。

【私が生きる目的】

世界を、より深く知ること。

私が生きるこの世界を、もっともっと知りたい。

世界を知ることが、私にとっては生きる楽しみであり、喜びであると思うから。

【譲れない価値観(ルール)】

世界に対して、一人の人間、一匹の生物として、フェアに向き合うこと。

謙虚であること。

自分にも他人にも、人間以外の動物にも、自然にも。

世界に対して、誠実に向き合いたい。

その為には、自分の感性、感覚、考えを大切にして生きる。

他人の価値観に迎合して合わせにいく必要はない。

他人の価値観を認めることと、賛同すること、自分を否定することは違う。

世間には、常識や社会通念や文化や言語など、たくさんの決まりごとがある。

私を含め多くの人は、その決まりごとに縛られて世界を見ている。

その方が楽だから。

だけど、それは世界を本当に知る上では足かせになる。

世界とはこういうもの、社会とはこういうもの、社会人とは、男とは女とは、女の幸せとは。

そんな他人が作ったルールには従わない。

それに従って生きてしまったら、「私」が「私」として生きている意味がない。

自分自身で、この世界を少しでも深く、掴んで行こう。

【生きがいを3つ】

私はボクシングを生きがいにして生きていた。

でも今回のケガで、生きがいが1つしかないのは危険すぎると気づいた。

ボクシングの練習ができなくなって、走ることを辞めた途端、自分のメンタルが音を立てて崩れていくのを感じた。

生きがいを1つに絞って全力投球するのは、一人の異性にどっぷりハマって依存するのと同じくらい、危険な行為だ。

ということで、ボクシングの他にあと2つ、近日中に生きがいを作ろう。

1つは歳を取っても出来るもの。できるだけボクシングと近いもの、お互いに良い影響のあるものにしよう。

もう1つは、半身不随になっても出来るもの。ボクシングの練習で疲れていても出来るもの。頭や感性を使うものにしよう。

おわり。